これらの「なぜ」はもっともではあるが、そうした一般社会の価値から断絶されたところに母親は行き着いてしまった